曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)は、天目茶碗のうち、最上級とされるもの。略して曜変天目と呼ばれることもある。なお、「曜変」は「耀変」と書かれることもある。
 

貴方のアカウント


中国建陽建窯水墨丹青油滴束口杯天目茶碗8.5×5.3

67,620円  33,120円
割引: 51%OFF

通貨: 
Available Colors:

  • 製品の詳細
  • 出荷と返品
  • レビュー
  • 建つとは、窯を建てて焼いた黒釉茶碗、すなわち窯を建てる黒釉茶碗を意味する。民間で盛んに行われていて、当時お茶と闘茶に使われていた理想的な器具で、それはお茶を潤して鮮度を保つことができて、一夜を隔ててお茶のスープの香りが昔のようにして、それは艶やかな色彩を失わないで、絵画を彫ることもできなくて、釉薬の色のテクスチャは自然に形成します。多くの典籍の中で「磁器壇の明珠」と呼ばれている。

    中国宋代八大名磁器の一つ宋皇室御用茶器世界無形文化遺産

    一つ一つが

    窯に入って一色で,窯から万彩を放つ

    高温焼成、釉薬面は自然に形成され、一つ一つの紋様は千変万化し、結晶の色は美しく異なっている。

    建盏は鉄分含有量の高い石灰釉を使用し、その特徴は高温の中で流れやすいことである。建盏は正焼を採用し、重力の影響を受け、釉輪釉の水厚はある程度下がるからだ。

    だから釉薬をかける現象があって、俗に“釉薬の涙”と呼ばれます

    これは瑕疵ではなく、建つ手作り部分特有の現象です。使用に影響しません。一部のチベット家はこのような状況を孤品と見なしている。古風で重厚な建盏に少し柔らかい情を添えた。

    建盏は唐の5代に創立して、宋に盛んに宋のために王立の御用達で、中国の古代の8大磁器の宋徽宗に属して《大観茶論》の中で震えるお茶が使うお茶は直接闘茶を指して“盏色青黒、玉毫条達”の建盏

    製品情報
    名前:

    水墨丹青

    器型: 束口杯
    口径:

    8.5cm

    高さ: 5.3cm
    材質:

    鉄胎、原鉱原釉

    工芸: 1300° 高温焼成
    産地: 中国福建建陽 用途: 茜、贈り物、コレクション
    包装する : ギフトボックス包装
    注意:各建杯は工芸士が手作りして、斑紋が少し違います。 建杯はそれぞれユニークで、コレクションの価値がある。










    君も好きかもしれない